インタビュー インタビュー
何故、石川屋に入社を決めましたか?
もともと実家がスーパーで、父が肉をさばいていたことがきっかけで、食品業界に興味を持ちました。また、面接の時に社長の考え方が面白く、年2回自己診断アピールの機会があるということで、とてもやりがいがあるなと感じ石川屋への入社を決めました。 以前はペットショップで動物を可愛がっていましたが、今は肉をさばいています。笑
お客様とのやりとりで印象に残っていることは?
よく、この部位だったらこの食べ方がおすすめです、とお肉の美味しい食べ方をお教えするのですが、お客様から逆に僕が知らない食べ方を教えていただいたことですね。自分の知識も増え、さらに次のお客様にお伝えすることで喜んでいただけます。 このようにお客様とのコミュニケーションをとることで、おいしい食べ方の知恵を知ることができるのは石川屋の魅力です。
くやしい時はありますか?
はい、一番くやしいのは、良い肉なのに売れ残ったものを見た時ですね。
僕は心理学を勉強していて、事が起こる理由をいつも考えるようにしています。足の向きやお客様との会話の中など、些細な言動が売上に繋がっていると考え、セールにしなくても、購入していただける方法を常に探っています。 目指すは、売れ残り0の石川屋です!